髪を染めている人が育毛シャンプーが使う時の注意点


髪を染めている人の多くは、頭皮や髪にダメージを与えています。
本来ある髪の色に対して、人工的に手を加えて色を変えるわけです。
だから一切ダメージがないものはありません。
特に若い人ほど頻繁に髪を染めたりする人が多いので、シャンプー選びがとても大切になります。

髪の染め方によっても、使う薬品が違うのでとダメージの具合も違ってきます。
例えば、ヘアマニキュア・ヘアカラー・ブリーチなど染め方は色々です。
この中で、一番気をつけるべき染め方は、ブリーチです。

市販のブリーチ剤を使ったことある人は、分かると思います。
ブリーチ剤を混ぜ合わせたときの、つーんとした匂いはとてもきついです。
これだけの匂いのする化学薬品を、頭皮や髪の毛に塗るのですから当然ダメージはとても大きいといえます。

またどんな形で髪を染めていたとしても、髪の毛に負担をかけているのは確かです。
しかもカラーリングした場合、しばらくすると生え際との差が出てしまいます。
なので何度も繰り返し、カラーリングを繰り返すことになります。
頭皮の負担はもちろんですが、繰り返し使うことで、髪の毛や頭皮にダメージだ溜まっていきます。
それにより、切れ毛になりやすかったり、抜け毛になりやすくなります。

そんな状態の頭皮や髪質であるということを、理解した上で育毛シャンプーを選びましょう。
育毛シャンプーは頭皮のを優しく刺激し、ダメージを与えにくい洗浄力の為カラーリングしている人にはおすすめです。
特に育毛シャンプーのほとんどは、アミノ酸系の洗浄成分が使われています。
髪の主成分である、アミノ酸を含んだシャンプーなので、頭皮だけでなく髪の毛のダメージにも効果的です。
育毛シャンプーには、保湿成分を含んだものなどもあります。
カラーリングによって、髪がパサついてしまっているのが気になる人にはおすすめです。
まずは自分の髪の毛のダメージや頭皮の状態を理解した上で、育毛シャンプーを選ぶことが注意点だといえます。
ページのトップへ戻る