抜け毛は男性ホルモンが原因


昔から、髪の毛が薄いのは遺伝が原因だとよく言われていますが、確かにそうだと思っている人も多いのではないでしょうか。
実際にそういった悩みを抱えている人の親、祖父も同じようにそうだったという人も少なくありません。
その体質の遺伝・・・男性ホルモンの分泌量の遺伝という観点から、
抜け毛や薄毛の原因だとされている「男性ホルモンによる抜毛」について関係性を調べてみました。

髪の毛と男性ホルモンと聞くと、むしろ髪の毛は女性よりも太く、しっかりとしたイメージがありませんか?
細く、柔らかい髪の毛はむしろ、女性のイメージですよね。
それなのになぜ男性ホルモンが原因で抜け毛や薄毛になるのでしょう。

本来、男性ホルモンのテストステロンは男らしい体つきや筋肉の形成などに作用するもので、
髪の毛に関しては逆に太くする働きをします。
しかし、このテストステロンが「リダクターゼ」という酵素と結合することにより、
「ジヒドロテストステロン」というものに変換され、これが増加すると髪の毛に影響を及ぼし始めます。
このジヒドロテストステロンが、髪の毛の成長や、頭皮の皮脂の分泌するサイクルを乱すことにより、
抜け毛や薄毛を進行させるのです。
皮脂の分泌サイクルが乱れると、皮脂で毛穴を塞ぎ、頭皮が健康な状態が保てなくなり、結果発毛に影響を及ぼします。

このようにジヒドロテストステロンに変換されると、髪の毛以外にも影響が出てきます。
例えば、ヒゲや体毛が増加したり、精力の減退などもそのせいだとされています。
また、男性ホルモンが一番影響を受けやすいとされる前頭の生え際や後頭部から薄くなるのも特徴の一つです。

抜け毛や薄毛の原因は様々で、バランスの悪い食生活や不規則な生活習慣、喫煙や飲酒、
ストレスや代謝異常などもありますが、この男性ホルモンの遺伝やジヒドロテストステロンへの変換は、最も多い原因の1つではないでしょうか。
そのため、なかなか改善しようにも難しいかもしれません。遺伝であればどうしようもないと諦める方も多いでしょう。
しかし、原因が分かった上で自分に適切な対策を練ることができればことができれば、抜け毛や薄毛に対して、少しでも改善できるはずです。
髪の毛だけに限らず、上で述べたような体毛増加や皮脂量の増加なども、
ひとつのサインですので、早めに頭皮の環境を整えることをおすすめします。
そして、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換させない為に、
5α リダクターゼを抑制させることも出来るようです。亜鉛やノコギリヤシエキスの摂取等、効果があると言われていますので、参考にしてみてください。
ページのトップへ戻る