育毛に効果がある食べ物とは


抜け毛や薄毛に悩む成人が増えている中、育毛剤や育毛シャンプーも増えてきました。
それだけ悩む人が多く、関心も高まっているのでしょう。
遺伝や、頭皮環境、生活習慣やストレスなどが原因としてよく挙げられますが、体の中からの改善も大切だと考えます。
毎日人間の体を作るために必要な食事は、頭皮や髪の毛に関わらず、ひいては体全体にとっても重要であることは言うまでもありません。
その中でも特に育毛に良いとされる食べ物について挙げてみようと思います。

まず、髪の毛はアミノ酸というタンパク質を主成分としています。
そのため、タンパク質を多く含んだ食べ物が大事です。
そしてタンパク質は動物性のものと植物性のものがあります。
この場合はやはり植物性の方が良いでしょう。
動物性タンパク質は取りすぎると内蔵脂肪の増加につながり、やがては血液をドロドロにしてしまうので、
血液によって運ばれる栄養が髪の毛まて届きにくくなるのです。
植物性タンパク質を多く含む代表的な食べ物は、大豆製品です。
また、アミノ酸が豊富な卵、鳥肉や赤身肉、魚なども取りすぎなければ効果的です。

また、地肌のタイプによっても摂取する栄養素を意識して取ると良いでしょう。
例えば頭皮がベタベタとして油っぽいタイプの人は、皮脂の分泌を抑えるビタミンB2やB6を多く含む、
鳥のレバーやさば、ぶり、いわしやさんまなどの青魚や納豆、チーズ、アーモンドなど積極的に取り入れてみてください。
また、逆に乾燥している人はビタミンAを多く含む、人参やほうれん草、かぼちゃ、にら、うなぎなど。
またビタミンEを多く含むかつおや、さんまも良いです。
ビタミンA・C・Eは頭皮や血管をつよくする働きがあるのでおすすめです。
地肌が赤っぽくなっている人は、ビタミンE・Pが豊富な青魚系やさつまいもやきなこ、ごま、そば湯やそば茶なども取り入れてみてください。
ビタミンEは血液をサラサラにする効果があるので、髪の毛にも栄養がしっかりと運ばれます。

また、髪の毛に良いイメージとして、海藻やひじきもよく耳にします。
脱毛や白髪が改善されるというような医学的根拠があるわけではありませんが、
ビタミンやミネラルが豊富なので、頭皮や髪の毛の健康を保ちます。
亜鉛を多く含む牡蠣やアサリなどの貝類も良いでしょう。
このような海藻類は単品で摂取するよりも、山芋や納豆のような粘りのあるタンパク質と組み合わせて摂取する方がいいようです。

育毛に良い食べ物をざっと挙げてみましたが、やはり日本人ですので和食メインの食事が良いようですね。
これらの食品を意識して摂取することは、髪の毛や頭皮だけでなく健康的な食生活を送ることにつながるので、ぜひ取り入れてみてください。
ページのトップへ戻る